コンデジ RX100MⅢ

DSC03177

RX100Ⅲを購入。

想像以上に「物」としての出来が良い。手に持って嬉しくなる。すぐにケースまで買ってしまった。

気軽に持ち出せるコンデジが「なぜか急に」ほしくなって1インチ以上のセンサー搭載を基準に物色してみた。
いくつかの候補からこのRX100Ⅲにしたんだけど、決め手は次の事

●USBから充電できる。
●バリアングル
●デザイン
●大きさ

最終候補3機種の中でUSB充電ができるのはこれだけだった。充電池をいちいち外すタイプだと、つい面倒になってしまう。メインで使っているα7もUSBでの充電ができる。

コンデジはすぐ持ち出せてこそだから、少しでも面倒なことは排除。大きさもとても心地よい小ささで気に入った。手に収まる程度で「持ち出す気」になりやすそう。周囲にも警戒されにくい。

メインで使っているα7も小さいけど、さすがにレンズ交換式なのでそれなりの大きさがある。もちろんカメラとしての使い勝手はα7の方が上。

IMG_1868


 想像以上にボケるぞ1インチ!

1インチセンサーってどんだけボケが出るんろうと思って試し撮りしてみた。これが結構ボケる。グッとよれば強くボケる。

DSC00124

ISO800 32mm f2.5 1/640

焦点距離は35mm換算です。RX100Ⅲはたしか7枚羽根だったと思う。こんなにキレイにボケるし、光の玉もいい感じ! そしてカメラが小さいおかげでテーブルの上にも出しやすい。バリアングル液晶のおかげでローポジションの構図も楽。


手ぶれ補正もなかなか効いてくれる!

この写真。シャッタースピードが1/25だけど、ブレが目立たない。少しブレちゃってるけど、このくらいの大きさで載せる分には良いかな。

ISO800 60mm f2.8 SS1/25

ISO800 60mm f2.8 SS1/25

そして、そこそこボケてくれる。

今回の撮影例は、すべてRAWデータからなにも補正せずJPEGに書き出している。何もしなくても色乗りもコントラストもとても好み。 


iPhoneとの比較

ちょいとiPhoneの写りと比較してた。簡単にあくまで遊び程度の比較。

まずiPhone6プラスで撮ったもの。

iPhone ISO32 29mm(多分) f2.2  SS1/40

iPhone ISO32 29mm(多分) f2.2  SS1/40

さすが最近のiPhoneはボケもそれなりにでる。ちなみにISOなど設定はiPhone任せになってしまう。

次にRX100Ⅲ

RX100_3 ISO800 29mm f2.5 SS1/640

RX100_3 ISO800 29mm f2.5 SS1/640

このように極端な条件で撮るとそこそこ違いがでる。
でも屋外で街のスナップを撮ってみたら、ほとんど違いがでなかった。iPhoneもなかなか凄いです。


高感度に強い!

使う前は「1インチセンサーだとISO1600あたりからキツイかな」と思っていた。でもそうではなかった!ISO1600なら全然問題ない。ISO3200だって個人的にはゼンゼンいけると思う。

ISO3200で撮影

ISO3200で撮影

拡大

拡大

APS-C並み!とは言いすぎかもだけど、かなり高感度に強いと思う。


写りの風合いがとても好み

先にも述べたけど今回はすべてRAWデータを補正なしで書き出してアップしている。
本当はもっと好みに近づけるためにいじりたい気もするけど、なかなか良い感じで撮れてると思う。少なくとも好みの写りだ。

ISO800 70mm f2.8 SS1/250

ISO800 70mm f2.8 SS1/250

買ってよかった!心からそう思う!嬉しい。

もちろんα7も使いますとも!