X-T1にソ連製レンズ ジュピター50mmf2を

最近、X-T1に夢中。
FUJIFILMのカメラはX100もとっても好きだった。
 
その後発売されたX-Pro1はデザイン的にしっくりこなかったので見送った。
X-T1やX-T10はいいね!
 
ほんとはX-T10を買いにいったんだけど、X-T1のグラファイトシルバーにひかれてしまった。素敵です!
 
FUJIFILMのレンズって面白そうなのが揃ってるんだけど、個人的にレンズボディのデザインがちょっと好みじゃない。OLYMPUSのレンズはけっこう綺麗で好み(写りではなく外観的なデザインが)。
 
ということで
写りもデザインも気に入っているコシナのレンズをつけてみた。

いいでしょう。
voigtlaender nokton classic 35mm f1.4です。
普段はα7M2で使ってるもの。X-T1だと50mmのレンズになる。
いやあ真鍮製のレンズはいいね。X-T1に本当に似合う。
カメラケースはGARIZの本革ケース。
これがなかなか良くて、ケースをつけたままでUSBポート、SDカードスロット、バッテリー、全てにアクセスできる。
底の部分が「鉄」っていう感じで重厚感・高級感がある。
カメラ自身のポートレートを撮ってみた。
やっぱり、X-T1には本革と真鍮!
写りにはまったく関係ない。
ということで撮りに行くことに。
レンズはソ連製のジュピターというレンズ。これもなかなか見栄えがいいです。
非常に面白い写り。
昨日投稿したPenF用のレンズとはまた違った味わい。