Posts by hopbox

ライカのデジタル版 SDカードの出し入れすらもフィルムライク

DSCF0041-1

LEICA M9

フィルム時代のライカMシリーズそのままのデザインでデジタルになったカメラです。
こう言うとOLYMPUSのPENとかOM-Dのような流れに聞こえるけど、OLYMPUSの場合は復刻版。
しかしライカの場合は、自然な流れでそのままデジタル版に移行したので、意味合いが違う。
(※LeicaM7までがフィルム式でM8からデジタル。M8はAPS-CでM9からフルサイズ)

このライカのデジタル化の姿勢はとっても潔い。
すくなくともこのM9までは「ただデジタルになっただけ」とっても良いくらいデジタル操作的に便利な機能はついてない。せいぜいISO感度が設定できるくらい。
2009年の発売当時の他のデジタル一眼やデジタルミラーレスと比べても全然機能が少ない。液晶画面を見ながら撮るなんてできない。
そのおかげか、このM9で撮影してると決して「デジタル機器を操作している」という感覚はなく「写真機を操作している」という感覚になるのだ。
フィルム時代のカメラのように1枚1枚大事に撮ろうと思うから、シャッターをきる回数がずいぶん少なくなった。
面白いのはSDカードとバッテリーを入れてる部分にたどり着く方法が、フィルム時代そのもの。
フィルム時代のライカもこうやって下蓋をあけてフィルムを入れてたのだ。
それと同じようにデジタルライカも金属の下蓋をあけてフィルム…ではなくSDカードを入れる。
ちょっとめんどくさいと思ったけど、「ライカを操作してる」という気分になれる。
Leica社としてこだわったのかなにも考えなかったのかは不明
いまもちろん、Mシリーズも進化をしていて若干機能が追加されてるかもしれない。(と言っても他のメーカーのように頻繁なモデルチェンジはしない。しかもモデルチェンジしても外装だけ変えるだけとか!)でも、もしもどんなにお金があったとしても、もともと2009年のM9にこだわりたかった。
最新のデジタルライカではセンサーがいま主流のCMOSになってるけど、このM9はCCDなのだ。なおかつ、すでにいま流行りのローパスフィルター無し!
2009年当時も2015年末の今もCCDでローパスフィルターレスのデジタルカメラなんて少ないのでは?
しかも個人的にここが肝心。このセンサーはコダック製なのです。
フィルムメーカーであるコダックが作ったこのセンサーはいまでもファンがいるほど発色に定評がある。
でも性能はどうあれ、フィルムメーカーが作ったセンサーだということにロマンを感じる。そういうのが好きだ。
レンズはLeica Summicron-m f2/50mm 第一世代。もう5、60年前のもの。
Leica Summicron-m f2/50mm 1st
この頃のライカは特にふんだんにお金がかけられていて「モノ」としての作りが素晴らしい。とっても美しいです。半世紀以上たってるのに、状態がとっても良い。歴代手にした人が大事に扱っていた証拠だ。
最後に作例。
LeicaM9 + Leica Summicron-m f2/50mm
LeicaM9 + Leica Summicron-m f2/50mm

LeicaM9 + Leica Summicron-m f2/50mm

LeicaM9 + Leica Summicron-m f2/50mm
LeicaM9 + Leica Summicron-m f2/50mm

PEN日和01

PB250045-1

買い物ついでに少し撮ってきた。

E-P1とフィルム時代のPENのレンズで。

実はE-PL7も持っているんだけど、オールドレンズにはE-P1が似合う!
完全に趣味の問題。

E-P5は前面部にダイヤルがついてしまってとても残念。
PENではなくなっていく。
 
E-P1の無骨なレリーズ音も好きなんです。
もうしばらくOLYMPUS機はE-P1のみでいいな。

OLYMPUS PEN E-P1 Olympus F.Zuiko Auto-S 1.8/38

OLYMPUS PEN E-P1 Olympus F.Zuiko Auto-S 1.8/38

X-T1にソ連製レンズ ジュピター50mmf2を

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近、X-T1に夢中。
FUJIFILMのカメラはX100もとっても好きだった。
 
その後発売されたX-Pro1はデザイン的にしっくりこなかったので見送った。
X-T1やX-T10はいいね!
 
ほんとはX-T10を買いにいったんだけど、X-T1のグラファイトシルバーにひかれてしまった。素敵です!
 
FUJIFILMのレンズって面白そうなのが揃ってるんだけど、個人的にレンズボディのデザインがちょっと好みじゃない。OLYMPUSのレンズはけっこう綺麗で好み(写りではなく外観的なデザインが)。
 
ということで
写りもデザインも気に入っているコシナのレンズをつけてみた。

いいでしょう。
voigtlaender nokton classic 35mm f1.4です。
普段はα7M2で使ってるもの。X-T1だと50mmのレンズになる。
いやあ真鍮製のレンズはいいね。X-T1に本当に似合う。
カメラケースはGARIZの本革ケース。
これがなかなか良くて、ケースをつけたままでUSBポート、SDカードスロット、バッテリー、全てにアクセスできる。
底の部分が「鉄」っていう感じで重厚感・高級感がある。
カメラ自身のポートレートを撮ってみた。
やっぱり、X-T1には本革と真鍮!
写りにはまったく関係ない。
ということで撮りに行くことに。
レンズはソ連製のジュピターというレンズ。これもなかなか見栄えがいいです。
非常に面白い写り。
昨日投稿したPenF用のレンズとはまた違った味わい。

デジタルになったPENにフィルム時代のPENのレンズをつけてみた

DSCF3219-1
これがやりたかった!
嬉しすぎて朝早く起きて、自然光で撮ってみた。
 
もしかしたら
もはや知らない人もいるかもしれないけど、OLYMPUSから発売されているPENというシリーズのデジタルミラーレスカメラは、もともとはフィルム時代のカメラの復刻版なのです。
このブログ書いてる福井だって生まれる前のカメラ。もはや「写真機」だな。
このデジタルになったPENに50年前のフィルム時代のPENのレンズをつけてみた。
当時を知らない自分としても、なにやら感慨深い。
レンズキャップのあのFのロゴが嬉しすぎる。
 
ちょっと試し撮りに散歩してきたよ。
 
しっかり撮れる。どこか趣がある感じ。ふわっとやわらいだ表現になってるかな。
 
光源にもろにレンズをむけるとフレアが思いっきり出る。それもまたいい感じ。

ちゃんと、「PEN」って読める構図を狙ってみたけど、あまり意味はない。

 
有楽町・日比谷あたり。
撮っててほんとに楽しいし、嬉しい。小ぶりなのにどっしりした重みはとても心地よく手に包まれてくれる。安定感のあるピントリングをすーっと回してピントを合わせてシャッターを切る。快感だな。
最初にはったレンズを付けた写真は、日陰で撮ったもの。嫌味なく柔らかく形が出せるのでそうしたんだけど、本来の好みは下のような、がっちり太陽光を当ててしまう撮り方。この方が武骨な現実感があって好き。

iPadPro&ApplePencilとデザイナー

●ついにお仕事ツールとして完成した

iPadProとApplePencilはデザインや編集の仕事にかなり使える!

iOS9から搭載された画面分割機能は普通のiPadでも結構便利だった。
画面を左右にササッと分割すると、まあタイヘン!左右別々のアプリを立ち上げて作業ができるのだ。

満面の笑みをたたえてWebサイトを閲覧しながら、シアワセなメールや心を砕く修正指示メールをかいたり、画像など資料をみながらデザインラフを作成したり、夜一人寂しさで涙があふれたらHuluで映画を見ながら、Twitterで少ないフォロワーにせつなさを訴えたりと、かなり嬉しい機能だった。

 

その機能がiPadProのでかさのおかげでさらに便利に使えるようになった。画面分割機能はiPadProの広大無辺な大きさで使ってこそだと思った。
インパクトとしては、いままでのiPad Airをふたつ並べたような広さに感じる。

いや、クフ王のプラミッドをふたつ並べた感じと言えばわかりやすいだろうか。
実際はiPad miniを並べたくらいらしい。

資料や原稿を見ながら、ラフを描くことが本当に快適になった!


 

iPad


いま日々、この画像のようなスタイルで作業してるんだけど、感覚的にも物理的にもかなり効率よく作業が進んでる。

いままであちこち視線や手の動きが飛んでいたのが無くなり、ぐっと集中できるようになった。素晴らしいー。

「モニターを見上げて、手元のiPadに戻して…」ってのは実は結構集中力を阻害していたことがわかった。
資料閲覧必須な仕事の場合は、頭の上下運動だけで意識が遠のくかもしれないと心配すらしていたのだ。
それがもう頭は固定。動かざること山のごとし、仕事が進むこと風のごとし。赤字が戻ること火のごとく。

 

●Apple Pencilの描き味はかなり良い!

ApplePencilもかなり良い。
というかiPad ProはApple Pencilありきだろう。最初はちょっと硬めの描き味かなと思ったら、アプリによってはグッと滑らかに描ける。ワコムの液タブと比べちゃうと、さすがにあっちの方が感度が良いけど、Apple Pencilも想像以上に使える。

いままでAdobeの妙に高価なiPad用のスタイラスペンや他のBluetooth接続のスタイラスペンをつかってきたけど、比較にならないほどApple Pencilはブッチギリで感度が良く描きやすい。細かい字もスイスイ描ける。
思わず、Cintiq 13HDを手放してしまった。

PDFに注釈入れたり、赤字入れたりもストレスなくできる。もう存分にゲラを真っ赤にできる。真っ赤っかにしよう。

 

●使う気になるiPad Pro

iPadだと「描く気になる」のだ。
WindowsOSやMacOSで使う液タブだと、どうしても描くまでの手続きと保存&管理の手続きがiOSよりわずかに多い。
iOS、、つまりiPadならサッと立ち上げてアイコンをクリックすれば、画面はただの画用紙になる。なんの手続きもなく描き始められる感じが素晴らしい。
 

WindowsだってMacだって、アイコンクリックすれば…ってのは同じなんだけど、ウィンドウサイズを整えたりなんだりと、ほんの僅かだけどパソコン特有の手続きを感じてしまう。この僅かな手続きの差が日常となると本当に大きいのだ。

iPad ProはただのデカイiPadだとあなどってはいけない。この面積の差がiOSの便利さをベラボウに加速する!

あえて強めに言いたい。

iPadProとApplePencilはデザイナー、編集者必須アイテムだ!

 

 

お絵描き系の使い勝手はYouTubeにアップしてみたのでよろしければご覧ください!

 

出張教室!

kyoushitu-01

懇意にさせていただいてるプロダクションさんで10人ほどの勉強会をやらせていただきました。

Webにデザイナーがどう関わっていくか(いきたいか)を、2時間ほどお話させていただいた。
いま公開中の漫画の連動的な内容。

スライド&構成を、若干あわてて作ったので、伝わるようにわかりやすくうまく話せるか、少し不安もあったけど、参加された方々が本当に真心をこめて聞いてくださったので、なんとか無事完走。


今回は

【出張教室】セットを持ち込んだ。

kyoushitu-01

今回持参したプロジェクターはEPSONのEB-W420というモデル。
高価なモデルではないんだけど、室内で照明を消さずにしっかり見れる。

解像度は1280×800。モニターとしてみれば低いけど、スライドを見せる分にはまったく問題ない。

kyoushitu-02

Macとプロジェクターとスクリーンで5kg程度。
余裕で持ち運びできる重さだ。

kyoushitu-03

スクリーンもなかなか良い!40インチのモニター持参できるのはとても便利。
10人くらいなら40インチでジュウブン。

 

kyoushitu-04

参加していただけた方たちが本当にいい人ばかりで、荒ぶる福井の話を丁寧に聞いていただけました。感謝。感涙。

終了後のディスカッションもとても楽しく、色々と勉強になった。

 

いままで出張講師を何回かやってきたけどれど、プロジェクター&スクリーンを持参したのは初めて。

今回用意したこのセットがあれば相手方の環境をきにすることなく出張教室ができるなあと思った。

出張教室のご希望があればご相談ください。

デザイン関係の勉強会や、グラフィック系のソフトの入門講座などを、年に数回ほど行っています。
グラフィック系のソフトになじみのない人にも、なるべくわかりやすくやります。
少人数であれば今回のセットを持参します。

どの程度の入門具合なのか、どんな風に伝えているかはYouTubeで公開中の入門講座をご覧ください。

illustrator入門

YouTubeで公開中の入門講座。

デザインの瞬間

nekoko-01

この解説は、何年も前に知人に「デザイナーの仕事」を説明したときに用いた例です。
あくまでも私が考えるデザインの一面です。

 

●情報の伝え方

 

「箱がずらりと並んでいる」ということを表現をしてみた。

 

nekoko-01

 

整然と並んでる状態。これも意図的であれば「設計されている」と言えなくもないが、この時点はただの「データ」「素材」でしかない。

ただ整頓しても人はなかなか気にしてくれない。
気にしてくれず、素通りされてしまってはとても寂しくてせつないのだ。
そこでちょっと「事件」を起こしてみる。

 

nekoko-02

 

整然と並んだ状態の一か所を崩す。ある意味、隙ができて気になってみてしまう。気にしてもらって見てもらえたらこっちのもの。1つ箱を犠牲にして「箱がずらと並んでいる」という情報伝わったのだ。
伝えたい情報をより多くの人に伝えるためにデザイン[設計]したわけ。
これではまだ「弱い」かもしれない。しかも一か所ずらしただけでは、点線の一部がずれただけにも見えるかもしれない。
そんな心配があるので、こんなことをしてみる。

 

nekoko-03

 

ずらした一か所を傾け、色を付ける。そうすれば「強く」なるし、「点線ではなく四角だ」という情報が明確になる。情報を明確にし、よりしっかり伝わりやすくデザイン[設計]したのだ。機能をはたすだけではなく、傾けた角度、色の意味合い等をしっかり配慮して、美観的にもよりよいものになれば、よりよいデザイン「設計」になっていくと思う。
こんなシンプルのたとえ話でも考えることはタクサンあるのだ。
そして、どういう印象を持たせたいかも重要だ。発信者の個性も考えないといけない。スッキリ伝えたいのか、スマートに見せたいのか、ドッシリとパワフルに伝えたいのか。豪華にみせたいのか。
そしてこんな仕上がりにしてみる。

 

nekoko-04

 

これは当初の目的次第では「やりすぎ」であるかもしれない。
誰のものを誰にどんな風に、いつ伝えたいか。それをしっかり考えてデザインしないといけないと思う。


 

●文でやってみる。

 

同じようなことを文章でやってみる。

 

nekoko-05

 

この情報をどう伝えたいのか、どこを一番伝えたいかで、デザインは変わってくる。あくまで先の「箱」の例になぞってやってみる。
「猫の口」ということを印象づけることを狙って設計してみる。

 

nekoko-06

 

はい。箱のときと同じことをやってみた。こうするとみる人に「猫」と「口」がまず目に入っていくはず。「猫の口の話かな?」とまんまと誘導できるかもしれない。
さて、ポイントを変えつつ、ぐっとデコレーションを施してみる。

 

nekoko-07

 

「好」と「猫」にポイントを移したので、見る人はこんどは「猫が好きなんだな」、あるいは「好きな猫の話かな」という印象を持ったうえで読むことになる。
さらにイラスト的な処理を施すことで「楽し話題だな」と思ってくれる。まさか猫との別れの話だと誤解することはないだろう。

デザインという仕事は単に美観的にかっこいい仕上がりを目指してるわけではなく、「誰にどんな風に、どんな印象で伝えたいか等」をしっかり考え、作戦をたててデザイン[設計]していくのです。

 

デザインでもイラストでもラフは描く

スクリーンショット 2015-08-17 20.12.30

ラフを描いた方が早い

 

書籍の本文レイアウト・装丁、パンフ、Webなどのデザイン業務はパソコンとソフトを立ち上げれば、パタパタと組み上げていくことが出来る。

でも大抵の場合それは「のようなもの」でしかないことが多い。

発想が漠然としている状態でパソコン上でグイグイとマウスを動かしてみても、デザイン[設計]などできたもんじゃない。

 

よっぽど頭の中で完璧に出来上がってて、アウトプットするだけにまで頭の中でイメージが完成していれば別。なかには常にそうだという人もいるかもしれないけど、多くの場合はしっかり紙の上で手を動かすことでデザイン[設計]を始めたほうが良いと思う。

 

いろいろ理由はあるけれど、ひとつにはパソコンソフトでの作業では「機能・ツールを使う」という目的が強くなる。なので、発想が無い状態でソフトを動かしてしまうと、機能・ツールを使う事が先行してしまい、そこから後付けでデザインらしきものに仕立て上げようとすると、時間がかかるし、良い発想ができない。

そもそも発想ありきじゃないから。

 

もう一つは手を動かすことで脳が伸びやかになることもある。
少なくとも自分はそうだ。
やはり紙を前に手を動かすことから始めたい。
いつもは、

●1:頭でどうしようか思い描きなら歩く
●2:ふわっとわいたら紙に向かう。
●3:そしてパソコン。

という流れで作業に入っている。

しかし世の中にはそんな必要が無い人もいるってことは否定しない。
モーツァルトの譜面は何か消した後も、書き加えた後も(ほとんど)なく完璧に美しかった(事が多い)らしい。
手塚治虫はラフも下書きも無しでペン入れを始めることができたらしい。

 

常にそんな人たちと同じように発想・作業はできないので、私はラフを描きます!
3DCGもソフトを立ち上げて少し手を動かせば、それなりに出来ていってしまう。でも成り行きで「良い感じ」のものが出来る確率はやっぱり低い。それに時間がかかる! 結局ラフを描いた方が数十倍早い。

スクリーンショット 2015-08-17 20.12.30

Webフォント入れてみた

スクリーンショット 2015-08-03 20.25.55

Webフォントを入れてみました。
すでにこのブログに反映されています。

どうだろう?

Webで表示される日本語書体は見る人の環境(ブラウザやOS)に依存する部分が多く、はっきりと意図できる違いはゴシックか明朝程度の違いだ。

英文フォントはアルファベットが26文字×2(小文字)と形の数が少なく、比較的ネットを重くすることなくいろんな書体を導入できるので、Web対応の書体が無数にある。

日本語は漢字の文字種が多すぎて、Webでいろんな書体を表現することはまだ難しい。アルファベット数十種にたいして、数万だから!

ネットの重さを犠牲にしてまで、数万種の文字をwebサイト上にうめこむのは憚られる…ということ。

 

それでも少しは見栄えよく、読みやすく、親しみやすさを目指したいので、「ひらがな・カタカナ」のみの書体をWebフォントして組み込んでみました。
実際「ひらがな・カタカナ(あと数字と英字)」のみとして販売されているWebフォントです。


 

■ 元の状態

スクリーンショット 2015-08-03 20.25.55

■ Webフォント入れた状態

スクリーンショット 2015-08-03 20.26.47

どうですか?

少しは印象違うかな。
多分、変わったことに気づかない程度かも。
ほのかな印象としてでも、親しみやすく見やすくなったのであれば良いかなと。
こういう本文の読みやすさ部分のデザインって「そういえば」くらいでちょうど良いと思う。

 

あるいはこれは目新しいだけで、元のデフォルトのままの方がいいかもしれない。ともかく運用してみないことにはわからないので、入れてみました。

いずれにしても、環境によって意図してない形で発信してるよりは、「こういう風にみえてる」と確信できていたほうが気がラクだ。

 

このあたりのことはまだ議論の余地がある部分だと思う。さほど効果的じゃないってう考え方もあるだろうし。