土瓶は進化する

まずMODOで思いのままにモデリング
MeshFusionという機能を使います。
これはかなり便利。

くっつけたり削ったりを「後からやり直せる」状態で作業ができる。

この段階では細部への気遣いはあまりない。
このままだと面の密度が一定ではないし、
面が密集しすぎてる部分も多く 形状の編集がやりにくい。
ということで
「面の密度を一定にする」ためと、
「面を少なくして形状の編集をしやすくする」ために、
【面の張り直し】の作業をする。

そんなことするくらいなら
最初からキレイに面を一定に保ちながら作ればいいんだけど、
最初の段階では、気分よく作りたい形状を目指すことに集中した方が良い。

MODOでも面の張り直しは出来るのだけど、
ZBrushの自動で面を張り直す機能が便利なのでそれを使う。
うーん。便利だ!
これで面の密度がだいたい一定になったし、
面が集中しすぎる部分も無くなった。
そしてこれをまた
MODOに 持ってきて、
ごりごり再編集する。
みるからに編集がしやすそうでしょう!
形状を整えたり、新たに加えたりして完成。
ライトを設置して写真撮影!
CGでは「レンダリング」と言います。
今回は
MaxwellRenderというソフトでレンダリングしましたよ。
レンダリング後、Lightroomで光の加減を調整してます。